行列のできる銭湯経営

望まれる銭湯の新しい形 地元に愛される経営方法とは?

社会的意義

介護とお風呂と日本人

介護は、国として地域として真剣に取り組まねばならない大きな社会テーマであり、老いも若きもない共通のものである。

しかし、ここに課題や気負い等の堅苦しい要素よりも、むしろ明るさ、楽しさといった娯楽性が必要になる。 そこで銭湯施設が巨大な意味を持ってくる。

我々が『温泉・銭湯』と聞けば何かしら明るい気持ちになるのは、日本人のDNAに『気持ちのよいもの、体によいもの』 として温泉・銭湯が根付いているからであり、この素朴ながらも誰もに受け入れられる温浴サービスが、介護サービス と融合することは日本人が潜在的に求めていたサービスそのもとといえる。

地域交流拠点

モノはあふれているが、心が足りない社会といわれる昨今、かつて銭湯に存在していた『地域の交流拠点』の役割が再度期待されている。

『地域密着』という言葉がこれほど求められている今、それを取り入れる形の銭湯の先行事例は年を追うごとに増えており、今のニーズをうまくつかむ形で業績を伸ばしている。 『地域の交流拠点』を目指すべき事はもはや論を待たない状況であり、これからの求められる銭湯の姿といえます。

流れ

流れ

銭湯の本来のあるべき姿。
それは地域最大のコミュニティセンターである事です。

銭湯で提供する飲食・マッサージ・イベントなどなど・・・。
どれも地元の業者様がいるはずです。

地元の業者様を巻き込んで、元気な街づくりを銭湯から発信しましょう!!

流れ

新事業についてのメリットとデメリットについて

長々と色々と書かせて頂きました。

ここまで読んで頂けた方は既にご理解頂けていると思いますが、銭湯再生には、パワーが必要です。

古き良きものを残しつつ、新しいものを取り入れる。

新しいことを始めることは、簡単ではありません。

大きなメリットと小さなデメリットがあります。

当社がサポートします

弊社スタッフがお手伝いさせていただいた施設写真

あねがわ温泉

■フロント ■外観 ■露天風呂
あねがわ温泉 フロント あねがわ温泉 外観 あねがわ温泉 露天風呂

ビューティープラザオークラ

■フロント ■外観 ■レストラン
ビューティープラザオークラ フロント ビューティープラザオークラ 外観 ビューティープラザオークラ 露天風呂

東道後のそらともり

■フロント ■外観 ■レストラン
東道後のそらともり フロント 東道後のそらともり 外観 東道後のそらともり レストラン

湯処なごみ

■外観1 ■外観2 ■中庭
湯処なごみ 外観1 湯処なごみ 外観2 湯処なごみ 中庭

お問い合わせはこちらから

▲ページトップへ